トピックス:医療情報

日々の暮らしに役立つ医療情報を紹介していきます。

2020年07月06日:「新しい生活様式」を実践して新型コロナウイルス感染症を予防しましょう!

一人一人の基本的感染対策

●身体的距離の確保
●マスクの着用
●小まめな手洗い

日常生活を営む上での基本的生活様式

●咳エチケットの徹底
●「3密(密閉、密集、密接)」の回避
●発熱、風邪の症状がある場合は無理せず自宅で療養

日常生活の各場面別の生活様式

●食事は大皿を避けて、料理は個々に
●親族行事は多人数での会食を避ける

働き方の新しいスタイル

●テレワーク
●ローテーション勤務
●時差通勤

【「新しい生活様式」の中でも熱中症に注意しましょう!】

photo

夏季のマスク着用について

夏季になり、気温・湿度が高い中でマスクの着用が続くと、熱中症のリスクが高くなります。感染症と熱中症の両方を防ぐために、次のように心掛けましょう。
●屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合は、マスクを外す
●マスクを着用している間は、強い負荷のかかる作業は避けましょう
●マスクを着用したまま運動・スポーツをすると、水分補給を忘れたり、体温が下がりにくいことがあるので、注意しましょう

室内の換気について

暑いときは、エアコンを使用して室温を調整しつつ、定期的に換気(換気扇を回す、窓を開けるなど)も行いましょう。換気の際、室温が高くなるので、エアコンの温度設定を調整しましょう。

問い合わせ先

鎌ヶ谷市役所 健康増進課

■『広報かまがや(2020年6月15日号)』より引用
https://www.city.kamagaya.chiba.jp/sesakumidashi/kouhou/kouhou/index.html

2020年06月08日:感染を避けて、体を動かそう! 安全に運動するポイント

photo

運動不足は健康に害を及ぼします。ストレッチやラジオ体操など、自宅でできる運動で健康な体を維持しましょう。

【運動を行うときの留意点】

体調をチェック

●体温は平熱か
 (37.5度を超える場合は、外出をしてはいけません)
●発熱、咳、のどの痛みなど風邪の症状がないか
●だるさ、息苦しさがないか
●においや味が平常と変わりないか

感染予防の基本

●手洗い(運動の前後に!)
●咳エチケット(マスクの着用)
 ・マスクは口と鼻を覆う
 ・マスクがない場合:ティッシュやハンカチで口と鼻を覆う
 ・とっさの場合:袖で口と鼻を覆う

photo

【自宅の外で運動をする場合は、次のポイントに気を付けて安全に行いましょう】

「3つの密」に注意する

「3つの密」の一つでも該当しないように、人混みを避けて、1人で運動しましょう。

周囲の人への配慮を忘れずに!

ジョギングやランニングでは約10m、ウォーキングでは約5m、前後の人との距離を空けるとよいでしょう。

問い合わせ先

鎌ヶ谷市役所 健康増進課

■『広報かまがや(2020年5月15日号)』より引用
https://www.city.kamagaya.chiba.jp/sesakumidashi/kouhou/kouhou/index.html

2020年05月08日:一部がん検診の中止のお知らせ

photo

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、次のがん検診をしばらくの間中止とします。

●セット検診(胃がん個別検診を除く)
●乳がん検診
●子宮がん検診(鎌ケ谷バースクリニックは5月6日(水)まで中止、本田産婦人科は実施)

その他:  ●検診の再開や受診日などについては、改めて通知します
  ●問診票などが届いている場合は捨てずに保管してください

問い合わせ先

鎌ヶ谷市役所 健康増進課

■『広報かまがや(2020年5月1日号)』より引用
https://www.city.kamagaya.chiba.jp/sesakumidashi/kouhou/kouhou/index.html

2020年04月03日:新型コロナウイルス感染症の集団発生防止にご協力を

「3つの密」を避けましょう。

■3つの密とは

○換気の悪い密閉空間

photo

○多数が集まる密集場所

photo

○近距離での会話や発声が行われる密接場面

photo

この3つの条件がそろうと、感染症集団発生のリスクが高くなります。特に、持病がある人や高齢者は、人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。

問い合わせ先

鎌ヶ谷市役所 健康増進課

■『広報かまがや(2020年4月1日号)』より引用
https://www.city.kamagaya.chiba.jp/sesakumidashi/kouhou/kouhou/index.html

2020年03月03日:新型コロナウイルスにご注意を!

photo

感染予防を徹底しましょう

風邪や季節性インフルエンザ対策と同様、一人一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。基本的な感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

【手洗いの徹底】

ドアノブや電車のつり革など、さまざまなものに触れることで、手にウイルスが付着する恐れがあります。帰宅時・調理の前後・食事前など、小まめに石けんで手を洗いましょう。

【咳エチケット】

くしゃみや咳が出るときは、マスクを着用しましょう。鼻から顎まで覆い、隙間がないように付けましょう。マスクがないときは、ティッシュやハンカチで覆います。とっさの時は、袖や上着の内側で口・鼻を覆います。

新型コロナウイルス感染症が疑われる人へ

次のいずれかの症状がある人は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

●風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている

(解熱剤を飲み続けなければならないときを含む)

●強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

※妊婦、高齢者、基礎疾患がある人、透析を受けている人、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている人で、上記の状態が2日程度続く場合は、ご相談ください

【帰国者・接触者相談センター】
習志野健康福祉センター 電話番号:475・5154/FAX:475・5122
《受付時間》(土)・(日)・(祝)を除く9時〜17時
(他の時間帯はコールセンターにつながります)

【その他の相談窓口】

●感染予防に関すること、症状出現時の対応など

千葉県の電話相談窓口 電話番号:043・223・2640(9時〜17時)

●国の取り組みや状況、関連法律、感染予防など

厚生労働省の電話相談窓口 電話番号:0120・565653(9時〜21時)

●市の取り組みや状況、感染予防など

市健康増進課 電話番号:445・1390((土)・(日)・(祝)を除く8時30分〜17時)

新型コロナウイルス感染症対策に関する市の対応

市では、「新型コロナウイルス感染症対策本部」を設置し、国や県などの関係機関と連携しながら、正確な情報提供や感染予防に向けて取り組んでいます。

新型コロナウイルスの対応については、変更する場合がありますので、市ホームページでもご確認ください。

問い合わせ先

鎌ヶ谷市役所 健康増進課

■『広報かまがや(2020年3月1日号)』より引用
https://www.city.kamagaya.chiba.jp/sesakumidashi/kouhou/kouhou/index.html

2020年02月04日:あなたの身長、縮んでいませんか

photo

骨粗しょう症は、骨の中のカルシウム量の減少により骨の強度が低下し、骨折しやすくなる病気です。加齢、閉経、食事でのカルシウム不足、運動不足などが原因です。骨粗しょう症の代表的な症状には、椎体の圧迫骨折による腰背部痛や背骨の歪みがあります。症状が進行すると、身長が2〜4㎝縮んだりします。

骨粗しょう症の最大の問題点は、骨折により要介護状態につながることです。

骨粗しょう症は、生活改善により予防することが可能です。骨は運動で強くなります。日光浴も骨の強化につながるため、日差しを浴びながら散歩を積極的に行いましょう。運動は足腰の筋肉を鍛え、転倒予防につながります。また、食事では、カルシウムとビタミンDの豊富な食材を取り入れるようにしましょう。

検診での骨密度検査により、骨の状態を知ることができます。骨粗しょう症が発見された場合、早期に治療を開始することが大切です。骨を丈夫にして、健康寿命を延ばしましょう。

問い合わせ先

鎌ヶ谷市医師会

■『広報かまがや(2020年1月15日号)』より引用
https://www.city.kamagaya.chiba.jp/sesakumidashi/kouhou/kouhou/index.html

2020年01月08日:口腔がんセルフチェック

photo

「口腔がん」をご存じですか?日本では年間約6,000人がかかり、約3,000人もの人が亡くなっているといわれています。
口腔がんは、口の中でも特に「舌」「歯茎」によく見られます。早期がんの5年生存率は90%と良好ですが、進行がんでは50%と低い上に、治療しても機能障害が残ることがあります。
初期段階では痛みが少なく、痛みが出てきたときにはすでに進行しているケースが多く見られます。そのため、舌や歯肉の盛り上がり、硬いしこり、なかなか治らない口内炎などの症状には注意しましょう。気になる症状が見られた場合には、かかりつけ歯科医や、口腔外科を受診しましょう。

【なりやすい要因】

喫煙、口の中の衛生状態が悪い、虫歯・義歯・口の乾燥などによる舌などへの慢性的な刺激

【自覚症状として…】

口腔内の痛み(最も多い)、しこり、腫れ、ただれ、出血、歯のぐらつき、口臭など

問い合わせ先

鎌ヶ谷市役所 健康増進課

■『広報かまがや(2019年12月1日号)』より引用
https://www.city.kamagaya.chiba.jp/sesakumidashi/kouhou/kouhou/index.html