• HOME
  • 検診・予防接種

検診・予防接種

肝炎ウイルス検査

県が委託した医療機関(病院及び診療所)で実施する肝炎ウイルス(B型・C型)検査について

平成20年4月から県が委託した医療機関(病院及び診療所)において、B型及びC型肝炎ウイルス検査を、無料で受けることができます。
B型及びC型ウイルス肝炎に感染していても症状が現れにくく、感染に気づかないことがあります。早期に発見し、早期治療へつなげ、肝硬変及び肝がんへの進行を防止することを目的に実施します。

一度は肝炎ウイルス検査を受けましょう。

鎌ケ谷市役所 健康増進課

平成30年度 肝炎ウイルス検査(個別)実施医療機関一覧はこちら (PDF)

高齢者のインフルエンザ・肺炎球菌予防接種

予防接種は体調の良い時に受けましょう。

対象者 接種当日に満65歳以上の人および満60~64歳で身体障害者手帳1級の心臓病など内部疾患のある市民で希望する人
期 間 12月31日(月)まで
※指定医療機関の休診日を除く
接種回数
・費用
1回・1,000円
方 法 健康保険証・身体障害者手帳などを持参して指定医療機関で接種
※予診票は市内の指定医療機関に置いてあります
諸注意 次に該当する場合は接種が受けられません。
●発熱している
●重篤かつ急性の疾患にかかっている
●ワクチンの成分により、アレルギーを起こしたことがある など

平成30年度 高齢者予防接種指定医療機関一覧はこちら (PDF)

定期予防接種:子どもの予防接種

予防接種は、病気に対する抵抗力をつくるために接種するものです。下記の予防接種は公費で受けることができます。病気ごとに接種に適した時期がありますので、対象年齢になったら、早めに接種しましょう。
生後満2か月になる前月末に、乳幼児期の予防接種関係書類を同封し、個別に送付しています。転入者には転入時に健康増進課の窓口でお渡ししています。
定期予防接種はすべて指定医療機関での個別接種です。計画的に接種しましょう。

予防接種名 対象者 備考
ヒブ
(インフルエンザ菌b型)ワクチン
生後2か月から5歳未満
開始月齢により、接種回数が変わりますのでご注意ください。
1歳未満までに初回接種が終了しなかった場合は接種の仕方などが変わるので、ご連絡ください。
【生後2か月から7か月未満の間に接種を始める場合】
[初回] 27日から56日の間隔で3回接種
[追加] 初回3回目の接種終了後、7か月から13か月後に1回接種
生後7か月未満で接種を始められなかった場合
(1)【生後7か月から1歳未満の間に接種を始める場合】
[初回] 27日から56日の間隔で2回接種
[追加] 初回2回目の接種終了後、7か月から13か月後に1回接種
(2)【1歳から5歳未満の間に接種を始める場合】 1回接種
小児用肺炎球菌ワクチン 生後2か月から5歳未満
開始月齢により、接種回数が変わりますのでご注意ください。
1歳未満までに初回接種が終了しなかった場合は接種の仕方などが変わるので、ご連絡ください。
【生後2か月から7か月未満の間に接種を始める場合】
[初回] 27日以上の間隔で3回接種
[追加] 初回接種終了後、60日以上の間隔をおいて、1歳過ぎに1回接種
(1歳から1歳3か月で接種)
生後7か月未満で接種を開始できなかった場合
(1)【生後7か月から1歳未満の間に接種を始める場合】
[初回] 27日以上の間隔で2回接種
[追加] 初回2回目の接種終了後、60日以上の間隔で、1歳過ぎに1回接種
(2)【1歳から2歳未満の間に接種を始める場合】60日以上の間隔で2回接種
(3)【2歳から5歳未満の間に接種を始める場合】 1回接種
B型肝炎ワクチン 生後2か月から1歳未満
母子感染予防のため健康保険適用で接種している方は、継続して主治医のもとで受けてください。
3回接種
  • 1回目と2回目を27日以上の間隔で接種
  • 1回目の接種から139日(20週)以上の間隔をおいて3回目を接種
【備考】2回目、3回目の接種は1回目の接種日が基準になります
四種混合ワクチン
(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ混合)
生後3か月から7歳6か月未満
三種混合、ポリオの接種が完了していない場合はご連絡ください。
[1期初回] 20日から56日の間隔で3回接種
[1期追加] 1期3回目の接種終了後、12か月から18か月後に1回接種
BCG 推奨 生後5か月から8か月未満
1歳未満までは接種できますが、ワクチンの効果や感染予防のため、推奨月齢に接種することをお勧めします。
1回接種
麻しん風しん混合ワクチン
(MR)
1回目 1歳から2歳未満
1歳の誕生日から
1回接種
 1歳3か月までに受けることをお勧めします。
2回目 5、6歳で小学校に入学する前の1年間(年長児) 1回接種(接種期限31年3月31日)
 4月から6月までに受けることをお勧めします。
水痘
水痘と診断された子は対象外です
1歳から3歳未満 6月から12月の間隔をおいて2回接種
 1回目の接種は1歳3か月までに受けることをお勧めします。
  • 1歳以降に水痘の接種を1回受けている場合は、2回目を受けて終了です。
  • 1歳以降に水痘の接種を2回受けている場合は、改めての接種は不要です。
日本脳炎ワクチン 1期 生後6か月から7歳6か月未満 [1期初回] 6日から28日の間隔で2回接種
[1期追加] 1期2回目の接種からおおむね1年後に1回接種
2期 9歳から13歳未満 1回接種
 9歳の誕生月の前月末に個別通知します。
 転入者には、転入した翌月の月初めに個別通知します
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。3歳未満での予防接種について(PDF:12KB)
平成17年6月からの積極的な勧奨の差し控えにかかる特例措置
 7歳6か月未満までに、第1期の3回の接種が終わっていない場合、1期の不足分を13歳未満まで接種できます。
 13歳未満までに2期の接種が終わっていない場合、20歳未満まで接種ができます。
 この特例措置は、現時点で何カ月年継続するか決まっていません。接種を希望される場合は、早めに接種してください。
二種混合
(ジフテリア・破傷風)
小学校6年生に相当する年齢 1回接種(接種期限31年3月31日)
 年度初めに個別通知します。
 転入者には、転入の翌月初めに個別通知します
子宮頸がん予防ワクチン
(HPV)
推奨 中学校1年生
小学校6年生から高校1年生の年齢に相当する女子

希望する方は、健康増進課にお問い合わせください。
3回接種
 ワクチンとの因果関係は不明ですが、接種後の持続的な痛みを訴える副反応が報告されたことにより、平成25年6月14日付けで厚生労働省の通知を受け、現在接種を積極的にはお勧めしていません。

問い合わせ先

鎌ケ谷市役所 健康増進課
047-445-1141 (内)729・730