• HOME
  • 検診・予防接種

検診・予防接種

定期予防接種:子どもの予防接種

予防接種は、病気に対する抵抗力をつくるために接種するものです。下記の予防接種は公費で受けることができます。
病気ごとに接種に適した時期がありますので、対象年齢になったら、早めに接種しましょう。
生後満2か月になる前月末に、乳幼児期の予防接種関係書類を同封し、個別に送付しています。転入者には転入時に健康増進課の窓口でお渡ししています。
定期予防接種は全て指定医療機関での個別接種です。計画的に接種しましょう。

予防接種名 対象者 備考
ヒブ
(インフルエンザ菌b型)
生後2月から60月に至るまでの間にある者
小児用肺炎球菌 生後2月から60月に至るまでの間にある者
  • 接種開始月齢により、必要接種回数が違うので母子健康手帳にて接種歴の有無、開始月齢をご確認ください。
  • 初回接種を生後7月未満に開始した場合の初回3回目の接種は生後24月までとし、それを超えた場合、残りの回数は行わず、追加接種をして終了とします。
    また、2回目の接種が生後12月を超えた場合、3回目の接種は行わず、追加接種をして終了となります。
  • 初回接種を生後7月から12月までに開始した場合、初回2回目の接種は生後24月までとし、それを超えた場合は行わず、追加接種をして終了となります。
四種混合
(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ混合)
1期 生後3月から90月に至るまでの間にある者
三種混合
(ジフテリア・百日せき・破傷風)
1期 生後3月から90月に至るまでの間にある者 接種が完了していない者について
  • 不活化ポリオの総接種回数が4回を超えなければ、四種混合での接種が可能です。
    (生ポリオ2回接種済みの者でも、不活化ポリオが4回を超えなければ、四種混合での接種が可能です)
  • すでに不活化ポリオ(四種混合を含む)を4回接種しており、三種混合の回数が完了していない者は三種混合での接種となります。ワクチンの取り寄せについては、健康増進課より厚生労働省に連絡します。(対象者の住所地の担当課が、厚生労働省に連絡をすることとなっています。他市の市民であった場合は、住所地の担当課にご連絡ください)
不活化ポリオ 生後3月から90月に至るまでの間にある者
BCG 生後3月から12月に至るまでの間にある者
接種推奨月齢生後5月から8月に至るまでの間にある者
麻しん風しん(MR)
混合
1期 生後12月から24月に至るまでの間にある者
2期 幼稚園、保育園の年長児に該当する1年間
(平成21年4月2日から平成22年4月1日生まれ)
水痘 生後12月から36月に至るまでの間にある者 平成26年度の経過措置は終了しました。対象者は1歳から3歳未満の者のみとなります。
日本脳炎ワクチン
1
  生後36月から90月に至るまでの間にある者
  • 特例措置の対象者は、平成7年4月2日から平成19年4月1日までに生まれた者です。鎌ヶ谷市は、1期(接種回数3回)は13歳未満まで、2期は20歳未満まで公費での接種が可能です。
  • 対象者の年齢区分が4段階になっています。予診票はそれぞれの年齢に相当するものを使用してください。
  • 特例措置対象者の「平成19年4月1日までに生まれた者」は、平成27年度に小学校3年生に相当する年齢の者までとなります。それ以降生まれの者は、特例措置対象になりませんので、ご注意ください。
  • 9歳になる者には、2期の案内と併せて1回分の予診票を送付します。2回目以降の接種が必要な者については、医療機関にある予診票により接種をしてください。
7歳6か月から9歳未満
(平成19年4月1日以前に生まれた者)

2
9歳から13歳未満
  13歳以上20歳未満
(平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの者)
二種混合
(ジフテリア・破傷風)
2期 小学校6年生に相当する年齢の者
(平成15年4月2日から平成16年4月1日生まれの者)
子宮頸がん予防
ワクチン
小学校6年生に相当する年齢の女子
(平成15年4月2日から平成16年4月1日生まれの者)
中学校1年生から高校1年生に相当する年齢の女子
(平成11年4月2日から平成15年4月1日生まれの者)

問い合わせ先

鎌ケ谷市役所 健康増進課
047-445-1141 (内)729・730