健康トピックス

健康豆辞典

睡眠時無呼吸症候群

近年、SASのために医療機関を訪れる患者は多く、全国で推定200万人を超えています。男女比は2:1です。SASとは夜間睡眠中、一時間あたり呼吸が10秒以上止まる状態が5回以上(apnea indexが5以上)と定義されています。深い眠りがとれないために日中傾眠症状となり、このため日常生活に支障が生じます。

原因は鼻から咽頭までの気道が狭いこともあり、例えば鼻づまり、アデノイド増殖扁桃肥大、肥満で鼻咽腔が狭いことなどがあげられます。眠気のほか、高血圧、狭心症、夜間頻尿、流産の合併なども見逃すことができません。最悪のときは突然死の原因にもなります。

普段からダイエットを心がけ運動療法を生活の中に取り入れます。就寝前の多量飲酒、安定剤、睡眠導入剤の服用は禁です。治療はアデノイド扁桃が大きい時には、手術が必要です。成人で、口蓋垂や軟口蓋の肥厚で咽頭側壁が狭くになっているときは口蓋垂軟口蓋咽頭形成術(Uvulo palato pharyngo plasty:UPPP)があります。

症状が軽症ないしは中等症ではマウスピースを夜間に装着という方法もあります。下顎や舌を前に移動させて気道を広げるのです。

さらに有効で広く普及している装置にCPAPシーパップ(Continuous positive airway pressure)があります。軌道が塞がらないように加圧した空気を鼻マスクに通して送る装置でこれをつけて眠る治療法です。この原理は上気道を凹んだストローと考えると分かりやすく、一方の端を指で押さえ、もう一方の端から吹いてやるとストローの凹みが元に戻るようなものと説明されています。

谷口充孝

前のページに戻る
公益社団法人 千葉県医師会 CHIBA MEDICAL ASSOCIATION みんなで高めるいのちの価値 ~健康と福祉のかなめ~
〒260-0026千葉県千葉市中央区千葉港4-1
TEL 043-242-4271
FAX 043-246-3142