健康トピックス

健康豆辞典

きれ痔(裂肛)の話

きれ痔は裂肛といっても、排便時の物理的刺激によって文字通り肛門部が裂ける外傷です。同じところが何回も傷つくと、便による汚染も加わり、潰瘍を形成することもあります。

排便時に固く太い便などで傷つくわけで、ピリッとした痛みを伴い、出血などもみられます。また、排便後数分してからしだいに痛みが強くなるのも特徴です。

注意すべきことは、便通を整え、便秘させないこと。排便時に一気に腹圧をかけ排便しないこと。排便後、肛門部を洗浄し、清潔を心がけることです。一度裂肛をおこしますと、その傷が便で汚染され、何回も繰り返すか潰瘍形成をおこしますので注意が必要です。

前のページに戻る
公益社団法人 千葉県医師会 CHIBA MEDICAL ASSOCIATION みんなで高めるいのちの価値 ~健康と福祉のかなめ~
〒260-0026千葉県千葉市中央区千葉港4-1
TEL 043-242-4271
FAX 043-246-3142