介護保険

介護保険制度と医師会の役割

私達・習志野市医師会は、介護保険制度を実施するに当たって様々な面で、全面的にバックアップしています。


介護保険制度の概要と申請の方法については、市のホームページをご覧ください。

介護保険申請時「主治医の意見書」が必要です。かかりつけの医療機関に依頼して下さい。
かかりつけの医療機関がない場合は、地区ヘルスステーションにご相談ください。

かかりつけ医は、介護支援員の求めに応じ、介護支援プログラムの作成に協力します。

市民から申請があった後、介護度を決める「認定審査会」があり、医師会、薬剤師会、福祉関係、保健関係者より構成されています。毎月8回ほど審査会が開催され、医師会員も12名が審査員として参加しています。

医師会内部に、介護保険担当理事と常任理事を設置し、市行政や介護支援業者と連係し、介護保険の運営がスムースに行えるよう、常に課題を検討しています。