医師会長あいさつ

中村文隆

 平素は市原市医師会の活動に対しまして、深いご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。このたび、役員改選に伴い平成26年5月23日の定時総会および理事会において市原市医師会長に選任されました中村 文隆(なかむら ふみたか)と申します。

 市原市医師会は平成25年4月1日より一般社団法人市原市医師会となり、定款も新しくなりました。より高い公益性を掲げ、会員同士が連携、協力し、質の高い安心で安全な保健医療を約28万の市民の皆さんへ届けるように日々努めています。

 さて、日本の医療は、ここ数年で大きく変化してきております。医療機能が高度に分化した現在において、質の高い安心で安全な医療を提供するためには、包括的な医療体制を確立することが肝要と考えられます。その中で、急性期医療、回復期医療、療養医療、在宅医療などの切れ目ない連携を充実させることが求められています。そのためには、病診連携・病病連携・診診連携・介護施設・老健施設・歯科医師会・薬剤師会、そして何よりも行政との強い連携が必要と考えております。

 また、最新の科学的根拠にもとづいた医療を皆様に受けていただくため、研究会・学術講演会を開き、個々の会員の医師としての資質の向上に勤めております。保健医療活動としては、市民の健康増進と疾病予防のため、市原市と協力して、生活習慣病対策や各種の健康診査、予防接種、などに参加・協力しています。児童、生徒達が健全な体調で教育を受けられるように学校医として児童、生徒達の健康の保持増進ならびに健康教育に努め、職場では産業医として勤労者の健康管理に関わっています。さらに市内の医療機関の看護師・准看護師不足の解消に貢献するために、准看護師養成と看護師養成を併設した「市原看護専門学校」の運営もしております。

 大規模災害時の対応、新型インフルエンザ対策なども喫緊の課題です。これらは一地区医師会で解決できることではなく、行政や多職種協働により解決しなければならない問題と考え、行政各機関や多職種と連携を取りながら、対策計画も練り上げ万一に備えております。

 医療崩壊が叫ばれているこの時代に大事なことは、医療を提供する側と受ける側との相互理解を深めることであろうと考えています。そのためにも、何でも気軽に相談が出来る「かかりつけ医」を持つことが大切です。現在「かかりつけ医」がない方は、このホームページ内の市内医療機関検索のコーナーをご利用下さい。

 市原市民の健康を守る為にこれからも微力ながら会務を執行して参りたい所存です。皆様のご理解、ご支援をよろしくお願いいたします。

役員紹介

(任期:平成28年5月26日 ~ 平成30年定時総会終結日)
役 職 氏 名 担当(正) 担当(副)
会 長 中村 文隆 学術
副会長 麻薙 薫 総務 渉外
小河 直之 看護学校 産業保健
理 事 川越 一男 救急医療 二次救急・災害医療
田村 雅治 急病センター・学校保健 公衆衛生
泉水 昇 地域医療 福祉
武田 福治 医療保険 会計
村山 博和 渉外 学術
山縣 正庸 産業保健 広報
長谷川 史郎 二次救急・災害医療 医療保険
山見 智子 公衆衛生・福祉 特定健診
小野木 淳 在宅医療・介護保険 癌検診
木村 直人 会計・広報 看護学校・在宅医療
倉持 宏明 癌検診 急病センター
大岡 光 特定健診 地域医療
監 事 石川 達雄
倉山 英生

地図・アクセス

千葉県市原市更級5-1-48 市原市急病センター内

TEL:0436-23-1711   FAX:0436-23-3080

JR五井駅

徒歩 15分   バス 10分