健康トピックス

健康豆辞典

胃・十二指腸潰瘍(2)

消化性潰瘍の治療には、ストレスの解消薬の正しい服用が第一ですが、同時に食事についても十分な配慮が必要で、それによって攻撃因子と防衛因子バランスを修復する事が目的です。

食餌療法の基本は、胃液の分泌が過剰にならないようにすることと、栄養バランスと消化吸収のよい食品で体力をつけることです。

栄養素の中で胃粘膜を再生させる蛋白質を十分につけることが必要ですが、焼き肉、焼き鳥、塩分の多い物などは胃液の分泌を高めるので、植物性蛋白中心がよいでしょう。

牛乳は蛋白質をはじめ、ミネラル、ビタミンが豊富で、乳脂肪が胃壁に膜をつくって保護してくれることもあり、痛みの予防にもなります。

前のページに戻る
公益社団法人 千葉県医師会 CHIBA MEDICAL ASSOCIATION みんなで高めるいのちの価値 ~健康と福祉のかなめ~
〒260-0026千葉県千葉市中央区千葉港4-1
TEL 043-242-4271
FAX 043-246-3142